自社のニーズを分析しよう

店内

楽曲数が1つの基準

店舗bgmが日本で広く取り入れられる様になって長い月日が経ち、登場した当初と比べて多くの業者が参入をしており、市場全体が賑わいを見せています。大手から独自路線を進む業者まで多種多様な業者がいるので、利用する側としては選択肢が広がってきている状況です。その一方で利用をした事が無い方にとっては選択肢が多すぎて、どの業者を選べば良いか分からず業者選定に苦慮してしまうと言う事が起こりえます。選び方のポイントを押さえて、効率的に自社にとって最良なパートナーを見つける様にしましょう。まず、選び方のポイントとして押さえておきたいのが、店舗でどの程度のバリエーションのbgmを利用したいかと言う点です。提供している楽曲数は業者によって数百万単位で差が出て来る為、どの程度の楽曲数を利用したいかが重要になってきます。実際、数ある楽曲の中で利用するのは一握りではありますが、365日開店させている店舗の場合、利用者が飽きないようにbgmは変えていかなければなりません。仮に5分程度のbgmを12時間営業の店舗で流し続ける事を考えると1日だけでも100曲以上が必要になります。更にそれを365日で計算すると5万曲以上が1店舗当たりで必要になるのです。数百万も楽曲数は必要ないと感じるかもしれませんが、楽曲の選択肢が多いに越した事は無いので、基本的には楽曲数は多めの選択をしておくのが良いでしょう。もちろん、医療機関などの場合、クラシックやヒーリングなどのbgmが中心となる為、数はそこまで必要ないので業種によって必要性は見極めていく必要があります。同じ業者でも楽曲数で料金が変わって来るので自社のbgmニーズを分析して、絞り込みを行っていきましょう。

Copyright© 2018 お店で店舗bgmの専門業者を利用しよう【手間が掛からない】 All Rights Reserved.